1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.42 2021年3月発行 榎本 好宏 選

あり余る井戸水を継ぎ新豆腐別所 信子
大西日読みさしの本反り返る天野 祐子
地球儀の一点赤し終戦日太田かほり
梅雨に入るほどよき鎌の減り具合岡本りつ子
佛間ともして秋燈とおもひけり下山氷見子
お隣りの鍵を預かる終戦日後藤 政子
鰯雲小流れの音ばかりなり角野精三郎
夏の恋うそもまこともバラ色に立花 順子
宵に風おほかたすみし盆用意露木 敬子
でこぼこなひと日ありけり温め酒原山テイ子
起き上り小法師ころんと愁思かな馬来まち子
生身魂すべて聞こえてゐるやうな松岡 郁夫
よくもまあ卒寿の夏を迎へけり室井津与志
履歴書に片仮名多し南風吹く八木美恵子
青銀杏寺に大きな日陰かな山口 一枝