1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.12 2016年3月発行
西日さす祖父の一字の蔵屋号飯塚恒夫
客のこゑ上がり框に盆の花露木敬子
落鮎の顎の大きく焼かれけり林 百代
うしろ手に田畑見回る九月かな石井文子
守人の無きおくつきも洗ひけり岡本りつ子
頭注の長々とあり秋時雨小澤瀧次郎
糸取りの母を迎へに下駄履きて金田弥生
蕎麦の花こきりこ節は戸を洩れて木村珠江
先づうるか舐めて精進落しかな小谷迪靖
鶏頭や井戸の蛇口の新木綿斉藤 仲子
あれこれと少し重たき八月来上春那美
カステラの粗目糖八月十五日永井 環
冬瓜の煮含めるごと佳き事は中村いはほ
声明の聞こえてきたり扇閉づ藤川三枝子
孔子像楷書の如く立ちて夏宮下とおる