1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.23 2018年1月発行
瞽女の来ぬ汽車も来ぬ町狐雨吉川 伸生
夾竹桃大砲黒く残りをり田中日沙子
ぼうたんの人ゆるやかにあゆましめ高橋 博夫
卯の花のこぼれここより陸奥へ天野 祐子
青胡桃のんのんののさまほとけさま渡辺 幸弓
那智の滝端午のひかり落としける日高俊平太
麦秋や名を変へて川まがりゆく金子智枝子
薪能昨夜に過ぎたる一宮太田かほり
金魚跳ぬる音もちからや一人居に石塚 富子
葉桜や少し見栄張る村の寄附岡本りつ子
世を人を歎くは易し金葎後藤 千鐵
村祭揃ひの手拭誂へて露木 敬子
長ずれば一人づつ生き竹の秋馬場 昭子
法事終へ草笛鳴らす男達馬来まち子
枇杷の実を剝けば滴る六月よ八木 和一