1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.19 2017年5月発行
落し水あつまり島を流れ出づ別所 信子
無患子を拾ふ地蔵の背に回り石井 公子
芒原また離りゆくひとりづつ太田かほり
かりがねをふりあふぎゐる渡し守保坂 定子
栃の実や奥社まで来し冥加なる龍野 和子
佐原囃子雁渡るころそのころに花村 美紀
まつ先に鳥の下りくる落し水石塚 富子
落し水田ごとに音のありにけり岡本りつ子
馬繋ぎの杭の横減り初しぐれ蒲田 吟竜
渋を搗く京都大原染物屋後藤 千鐵
音止んで煙草の匂ふ松手入中村いはほ
遠き日のかまどの匂ひ衣被原山テイ子
蜜柑むき問はず語りに馴初を宮下とおる
熊を蹴り大日堂に籠りけり室井津与志
針穴に糸よく通る秋風鈴吉田みち子