1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.22 2017年11月発行
雛の間背中合はせに仏の間早野 和子
春の雲足利学校素読中林  百代
萩根分関守石を片寄せて石井 公子
風光る舟屋は湾の形に沿ひ三浦  郁
囀や土蔵に百の朱のお椀太田かほり
新緑を映して水の暗きこと加藤 桂子
雪明り入れて柩を閉ぢにけり安部由美子
花の夜の料亭にある舟着場木村 珠江
花冷えや息を一つに骨拾ふ後藤 政子
月朧たまさかなれど針と糸角野精三郎
囀や奥に二の蔵三の蔵永井  環
水分のひとつは木曾へ山桜花村 美紀
花万朶己信じてよからうか船杉しん子
亡友(とも)に酌み花に酌みゐる竹の秋松岡 郁夫
山桜留木の掟ありし村室井津与志