1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.36 2020年3月発行
紫蘇の香や顔のそろはぬ夕餉どき高橋 博夫
畳屋が仕舞の蚊遣消しにけり柏倉 清子
秋暑しにはか舞妓の下駄の音児玉 一江
蘆の花川の授かり物あまた藤川三枝子
滝音のほたるぶくろをゆらしけり赤木 和子
百咲けば百の風吹く秋桜 石井 文子
店先の花束短か八月来木村 珠江
桐下駄の鼻緒なじまず夏了る末永 淳子
つるかめつるかめはたた神来る来る龍野 和子
ちと旨しいつもの酒や夜の秋 中村いはほ
みんみんの昼を鳴きつぐ段葛蓜島 良子
山荘閉づ名前のつかぬ夏料理花村 美紀
柚子褒めて次の逢瀬を約束す原山テイ子
紙ひかうき老人夏を持て余す宮下とおる
鬼灯市ネクタイはづしながらくる八木美恵子