1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.10 2015年11月発行
海鳴りは獣の匂夜のさくら小林雪柳
水底の石に日差や初鵜飼田中日沙子
菜の花や川石一つづつ暮るる林 百代
花は葉になりつつしだれしだれたり別所信子
土の色増やし幾筋遠雪崩岡本りつ子
会津富士裾をかくして八重霞菅家吉児
御開帳回向柱の立ちてより後藤千鐵
屋根替の檜皮を運ぶ京都御所坂口晴美
飛鳥寺の秘仏に燭や花の闇篠田 游
ゆふぐれの菜の花あかりは吾が在所末永淳子
花筏よけて棹さす渡し舟田中 勝
総門につづき楼門花吹雪永井 環
夕ざくら四ッ谷堤を市ヶ谷へ花村美紀
風薫るシェフの帽子の高きこと馬場昭子
梅の寺日清・日露の絵馬かかぐ松崎一男