1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.13 2016年5月発行
踊り終へ妻帰るころ十三夜田口冬生
秋空と地と御柱支へたる百瀬七生子
どの客も遠路を来たり蛇笏の忌後藤千鐵
紐結び違へ樏行き着けず岡本りつ子
出来秋や鑿の切れ味よき仏太田直史
外風呂の暖簾をくぐる十三夜木村珠江
衣被多作多捨とは言はれても小谷迪靖
しばらくは海に馴染まず雪解水坂本りき
幔幕を畳み祭の直会へ田中 勝
垣根より剝るるやうに冬の蝶中村いはほ
花すすき利根のぼりくる潮匂ふ花村美紀
初紅葉能面打ちの手を休め日高俊平太
とどまれば落葉溜りとなるだらう船杉しん子
鵙鳴いて一つの部落沈みけり村上正己
障子貼る十夜支度のはじめなる山本たか子