1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.14 2016年7月発行
冬来たる足らざる景のなかりけり飯塚恒夫
霜菊の抱き起こされしやうに逝く天野祐子
夕かけてよき雨となる入彼岸渡辺美津子
北風や木地師積み置く木曽五木金田弥生
行く秋の舟に見上げし橋の数赤木和子
鳩のふむ落葉の音もお元日加藤桂子
谷に谺熊の巻狩勢子の声菅家吉児
敷松葉かたづき茶会始まりぬ斉藤仲子
山茶花の散りて再び逢ひ難し佐藤享子
冬蜂や閻魔の口を死に場所に角野精三郎
冬帝の彦根屏風の裏に来し永井 環
知りあへてよかつた鯛焼温き日に馬場昭子
冬の日の我に影ある寧けさよ宮下とおる
膝元に障子明りや句座日和目黒 礼
たれ挿しぬ厨の窓の梅擬八木和一