1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.20 2017年7月発行
山積みの檜葉に忌み火を柚子祭森田 公司
人許すことの難儀や龍の玉飯塚 恒夫
巫女の緋の袴小走り十二月内藤 雅博
鷽替の列延びつづく太鼓橋三浦  郁
商ひの一間間口秋の暮太田かほり
侘助や茶席ときをり炭はねて保坂 定子
数へ日や二畝の葱残しゐて秦  愛子
大寒の朝の足音遠くより富田  要
ぽつぺんのでこみへつこみほどの日日宮下とおる
雪螢とほに厄年なかりけり永井  環
百度踏み又跪(ひざまづ)く石の冷上春 那美
巫女の注ぐかはらけ滲む新走り田中  勝
昼の月までもいぶして楮蒸す馬場 昭子
庭の柚子残さず入れよ冬至風呂松岡 郁夫
佐保姫に百四歳の桃紅さん山野美賛子