1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.38 2020年7月発行
修復の鐘撞堂や冬の蝶飯塚 恒夫
短日の桶屋足もて桶回す保坂 定子
いつまでも亡夫を待たせて初鏡秦  愛子
母在さば湯の沸く音す長火鉢 田中  勝
対の箸買うて谷中よ十二月赤木 和子
石蕗の花荒行堂の経もれ来加藤 桂子
棟上げの木の香冬月昇りけり木村 珠江
数へ日や名前なかなか出ぬ人と後藤 政子
ねんねこや曾孫寝てよし起きてよし三瓶 一穂
門衛に仕事の生(あ)れし散り銀杏髙﨑 研一
薄氷の菜漬けの桶に浮かびけり田口 愛子
男舞床打つ音も寒に入る永井  環
正月のたれかが父母の墓へ花馬来まち子
梟の二度目の声を待ちにけり八木 和一
糶人の軍手新し寒に入る山本たか子