1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.26 2018年7月発行
風に反り月に磨かれ崖氷柱小林 雪柳
軒下に薪積み足さる冬構 飯塚 恒夫
鐘冴ゆる一夜を京のやどりかな渡辺美津子
数へ日のひと日暮れゆく隅田川高橋 博夫
探梅の日表へ出る切通し別所 信子
おのがこゑ壁に響ける寒復習内藤 雅博
北国の日和儲けや掛大根秦  愛子
温まること無き嬶座十二月蒲田 吟竜
茶の花の高さに母の見えかくれ後藤 政子
年越や三和土の乾く寺厨坂口 晴美
吹きくぼむ葛湯や父の丸眼鏡上春 那美
堂守の菊焚く匂ひ日暮まで露木 敬子
芋茎剥く屈みて母がせしやうに原山テイ子
岬の浜風紋踏みて大根干す藤川三枝子
神仏は母の役割年用意渡部 華子