1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.34 2019年11月発行
火に仕へ水に仕へて余寒なほ 髙橋 博夫
象に乗る普賢のほとけ山ざくら内藤 雅博
虚子へ置く立子の墓の落椿石井 公子
金堂に残る光背出開帳三浦  郁
卒塔婆の数を揃へて春の寺後藤 千鐵
花篝羽後の城下の辻々に田中  勝
遠花火夢をいだきし頃ありて石井 博之
春しぐれ毛塚にかもじくしかつら赤木 和子
着膨れて目蓋の重くなりにけり安部由美子
竹の秋母に習ひしこと多き石塚 富子
子の声の菜の花蝶となりにけり加藤 桂子
初蝶の案内(あない)の露地を茶室まで髙﨑 研一
東にしばしうぐひす南に中村いはほ
水音を覆いつくせる雪椿目黒  礼
菩提樹の花東塔へ納経す山野美賛子