1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.25 2018年5月発行
声だけが近づいてくる芒原小林 雪柳
赤とんぼ一族遠くなりにけり飯塚 恒夫
枝えだの柿の実見ゆる嬶座かな石井 公子
土蔵より椀運ばるる御講凪菅  美緒
次の間へ次の間へ掃く秋日和早野 和子
校庭の紅葉黄葉(もみじもみじ)や金次郎内久根眞也
花芒先を急ぎて誰も過ぐ木村 珠江
踊の輪また膨らみて華やぎぬ斉藤 仲子
早朝の狼煙猟期の始まりぬ齋藤 律子
笑栗を長靴で剝く草の中三瓶 一穂
ぽつぺんの弾けるやうにくんち来る上春 那美
新しき杉玉蔵に燕去ぬ角野精三郎
晩鐘の真直ぐに来る刈田道中村いはほ
鳥ばかり見てゐて秋になりにけり八木美恵子
梟と月光浴へゆくところ山野美賛子