1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.35 2020年1月発行 榎本 好宏 選

紀の川へ沿うて高野へねむの花渡辺美津子
老の麦笛子らの草笛日本晴早野 和子
父の日や仰ぐ銀座の大時計天野 祐子
暑気払ひ男は北国(きた)の歌ばかり小野崎清美
若葉冷え湯殿へ続く長廊下太田かほり
あの夜も梅雨寒樺美智子の忌齊藤 眞人
鈴蘭の根づきの確(しか)ときのうけふ上春 那美
夏つばめ家族在りし日ひとりの日富田  要
梅雨湿り時にはずれる子守唄渡部 華子
湯あがりの母の匂ふや路地花火秋丸 康彦
清張をとりまく紫煙夜の秋安部由美子
寄せ植ゑの葱立ち上る日暮かな蒲田 吟竜
誰にあふわけでもなくて更衣小谷 迪靖
梅雨入や猫の眠りの深きこと嵯峨 美子
花桐や雲よぎるたび濃く淡く永井  環