1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

琴の爪弾きNo.35 2020年1月発行

囃すこと昔むかしや月満ちて
願はくはもう一言を去来の忌
柿を干す注連の張られし稲荷前
抽んでて箒木の紅揃ひけり
越後より仏名宛ての新走り
穭田に辻説法の碑の現れ来
躓きし石の音さへ冬の色
おならして咳払ひして夜回りに
扇子持ち師走太鼓の手ほどきに
襟巻きの肩に重かり遠嶺はや
書き上がる五十四帖冬の雁
奥の間に琴の爪弾き雪搔きて
十二月八日父母なし従兄弟なし
釘を打つ音のそちこち大晦日
振り返りながら鋭声や初漁へ

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2020年 1月号