1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.41 2021年1月発行
衣替へて徒歩十分の花屋まで河本 茉莉
柿わかば蔵の高まど開け放ち三浦  郁
合歓の花逢ひたきときは逢へずして児玉 一江
田を植うるそばから風のうまれけり保坂 定子
御先祖に知らぬ名前や墓洗ふ藤川三枝子
蛇口ひとつ残りて更地夏に入る齊藤 眞人
卯の花や小柄な祖母の子沢山吉田 一男
牛蛙小さき噂に大き嘘石塚 富子
地網引く浜昼顔の辺りまで岩井 充子
茄子胡瓜小振薄切り三五八に 齋藤 律子
苔の花虚子の墓まで踏切音角野精三郎
佃路地井戸の水飲む祭の子花村 美紀
大夕焼夫金星を指させり林  わこ
若葉風入江込み入る田子倉湖目黒  礼
月見草吐息のごとくひらきけり吉田みちこ