1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.37 2020年5月発行
野分晴れ草罠仕掛けてありさうで別所 信子
指それぞれ名のある不思議秋思かな内藤 雅博
酒蔵の灯されてをり花八ッ手小野崎清美
包帯の人差し指や一葉忌石井 公子
萩の庭歌詠み句詠み往き来して太田 直史
すれ違ひ恋のにほひを赤のまま奥本 正昭
あきついり鏡の中の西銀座日高俊平太
桐輪積初雪のくる匂ひせる馬場 昭子
秋の夜の畳に飛びし足の爪長田 敬子
烏瓜たぐり寄せてもなほさみし加藤 桂子
いちじくの熟れて蜂の巣ふとりけり末永 淳子
穭田や濁りの残る信濃川目黒  礼
山茶花や老いてやさしく四姉妹山口 一枝
暖かくなれば逢はむと言ひしまま山野美賛子
ひと摑み茹で一箸の菊膾吉田みのる