1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.30 2019年3月発行
烏瓜搖らして酔のまはりたる百瀬七生子
板樋を落つる山水青芒天野 祐子
泉汲む﨔大樹の走り根に小野崎清美
後添は貰はず仕舞白絣太田かほり
西瓜浮く槽(ふね)に引きある山の水菅  美緒
山の晴れがまずみの実の透くまでに金子智枝子
鰯雲風呂も厠も土間を出て石井 公子
笛方の袴たたまる白桔梗佐藤 享子
しつらひの一つ打水川床支度山本たか子
少しづつ形見失せゆく秋ざくら岩井 充子
藍浴衣少し端折(はしょ)つて外湯まで齊藤 仲子
味噌蔵の梁に塩ふく大旱末永 淳子
螢袋余生捨てたるもので無き露木 敬子
白萩の扉に挟みくる手紙かな馬場 昭子
一盞を五山送り火消えたれば宮下とおる