1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.31 2019年5月発行
子等の声もう聞こえない枯木山小林 雪柳
山の風川の風あり稲架日和増田  曙
去年よりも低く釘打ち掛大根柏倉 清子
崩れ簗連山くつきりしてきたる 天野 祐子
おでん酒ひよつとこ面を横被り太田かほり
浮世絵の雨の一刷きななかまど日高俊平太
けふ殊に虚空蔵さまに菊日和上春 那美
注連飾まづ馬小屋に掛けにけり三浦  郁
烏瓜人待つ色となりにけり安部由美子
水澄めり誰にでもある内緒ごと角野精三郎
看取るのも先立つも嫌鰯雲髙﨑 研一
前田さまへ新米の荷よ中山道龍野 和子
柿落葉ひとつ拾へば切りもなく中村いはほ
草もみぢ歩荷に径を譲りけり馬来まち子
水音の届く限りを葛の花目黒  礼