1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.32 2019年7月発行
よき辻を地の人に聞く風の盆森田 公司
玉のごとき友ある幸や龍の玉渡辺美津子
余生なり千枚漬けの唐辛子別所 信子
わが谺まだ若かりき初山河小野崎清美
落葉焚く信玄餅の幟の辺石井 公子
初泣きも笑ひも嬰を真ん中に保坂 定子
冬つばき電話の多き日なりけり高橋 博夫
愚痴といふ限りなきもの冬の雷秋丸 康彦
床の間に鋏の音や藪柑子蒲田 吟竜
入り相の鐘に大綿いづくより坂口 晴美
東雲のほがらに氷柱明りかな永井  環
飛石を真白き足袋の伝ふかな野田 武子
昨日今日底抜け晴れや冬の空馬場 忠子
鴨川に灯の映りたる事始め宮下とおる
寺の鐘冬めく音となりにけり八木美恵子