1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 |
  3.  航路抄 

No.33 2019年9月発行
獅子舞の正座の家主まず嚙まれ飯塚 恒夫
啓蟄やゆるびてゐたる貝釦別所 信子
晴れすぎて野火の勢ひのなかりけり小野崎清美
姫川の激ちて海へ雪濁り河本 茉莉
飛石の春著に広き歩幅かな金子智枝子
花便り墓守酒を買ひに下り船杉しん子
裏返すボート干しあり四月馬鹿藤川三枝子
験担ぐ叔母に手をかす宵戎露木 敬子
杉木立室生寺なべて朧かな後藤 政子
初雪や上手に転び誉めらるる岡本りつ子
いちにちの始まる音や霜柱木村 珠江
雛の間や子の居るやうな気配して澤田美奈子
初音聞く他にさしたる事もなし中村いはほ
裏木戸にいつも人ある柿紅葉松崎 一男
春時雨やめば帰ると言ふつもり八木美恵子