1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

遠がすみNo.8 2015年7月発行

鳥帰る奈良より京へ逸れながら
煩はすことになりけり剪定も
畦焼きて昼餉は沢の水汲んで
稲藁の一荷着きけり厩出し
芽の山に名付けなかりし神代より
畦塗りて枝豆の種蒔きにけり
白魚のここも伊万里の大皿に
䌫のたるみて鰆漁日和
届きけり濡れ新聞に三葉芹
人の優し杏の花の咲きてより
花後のみな遠景色遠がすみ
月の出て苗の消えたる植田かな

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号