1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

独楽の紐No.41 2021年1月発行

顔見世へ列の北から南から
嘘もまた今宵の口火燗熱く
また折れて熊野の道を冬の雁
開け閉ての障子の音も子沢山
京よりも奈良にしみじみ寄鍋を
堅炭を割る音のせり客迎へ
良寛の筆に千鳥を足すとせば
鳰師の足跡の先々に
鳥提げて客のどん尻狩の宿
初雪のやうに病を告げらるる
狐火の巻き絵も寺宝祓はるる
雪吊りの柏手打ちて終りけり
近道の流れまかせや三の酉
縁あらば寄り添ふことも数へ日に
独楽の紐綯はれてをりぬ去年今年

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2020年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2021年 1月号 3月号 5月号