1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

青麦の畝No.24 2018年3月発行

山なみに一つ抽んづ恵方道
朝市の牡蠣の音より始りぬ
弟も焚火の匂ひさせ帰る
お百度の寒の椿を幾巡り
雪踏みの跡米蔵へ続きけり
寒参り奥の院へは待つことに
薄氷へ女滝の細く吹かれつつ
畑打ちの家訓通りに大安に
豆撒きのしりへに升を持たされて
春めきぬ何に触れど軟らかく
青麦の畝の届きぬ山裾に
山を焼く風上に人寄せられて

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号