1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

春なれやNo.1 2014年5月発行

にんぐわつの尽きぬ素足の僧達に
身離れも旅に適ひし蒸鰈
てのひらの蕎麦粉はたきて雪形を
月に掌を合はす三月十日けふ
春の虹蛇笏のやうに手庇で
水分の斑雪のあをき水もらふ
淀みより間なく瀬からも帰る雁
春の雪家紋のやうに身罷りぬ
伊勢参り箍をゆるめて桶伏せて
風車持たせ誕生餅負はせ
畦を塗るシベリヤ還りとも呼ばれ
箸置きにまでも菜の花明りかな
朧の夜母が耳打ちして外へ
鍬の柄に顎載せ桜守たりし
人信ず黄粉こぼして草餅を

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号