1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

遠初音No.36 2020年3月発行

顔見世の一人ひとりよ楽屋口
枇杷の花忘るることを手柄とす
堅炭を割りて並べてさて何を
牡蠣を剝く色の浜にも数へ唄
着重ねて言葉少なになりしはや
誰言ふとなく三ヶ日済みにけり
祖父の来て重ね直せり鏡餅
的を射る音も遠音や弓始め
日蓮の像に笑みなし藪かうじ
千両や仏を信じをらねども
水仙の仏道から往還へ
寒声のどれも御山に還りけり
水仙や大島航路つつがなく
探梅の足音ばかり天神へ
一歩出て二歩下がりけり遠初音

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2020年 1月号 3月号 5月号 7月号