1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

縄の十字No.32 2019年7月発行

麓より桜の終り平らかに
結び目の縄の十字に桜蘂
戦なき世とな思ひそ若楓
きのふより椿の下に箒跡
葉桜の日に日に影を重くして
かぐはしき若草男老いやすく
鐘供養それぞれ杜に謂れあり
薄埃あげて春田へ水の音
藤の花罪を許してくるるかに
竹の秋獲物負ひたる猟夫(さつを)また
牡丹咲く昔ながらの隣組
沢鳴きも夏鶯となりにけり

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号