1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

船酔ひのNo.11 2016年1月発行

稲雀聞こゆる父に一間あり
啄木鳥のそぞろ歩きに添ひくれし
暫くは掃いてくるるな柿落葉
神還る八百八島まなかひに
船酔ひのやうに銀杏の散りながら
わが旅に合はせ炉開きしてくれぬ
紙漉きの時々川の音聴きに
長風呂の母に埋み火して下がる
涸川の葭の根張りを流れけり
来し方を湯ざめのやうに顧りみる
ペン先の音のなかりし賀状書き
羽子板を置きに戻りし宮参り

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号