1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

席隣るNo.2 2014年7月発行

見頃にはいつも竹騒花こぶし
屋根葺きの藁の匂ひに復員す
医者招びに雲雀の上がる麓まで
花守の家訓にひとつ花を見ず
留守の間を鶯鳴いてくれしてふ
白木蓮の花の反り生きながらへよ
竹の秋と言ふべし蔵の扉も開きて
初孫の乳の置かるる磯竈
席隣る都をどりの流れ客
白蓮の花の白さを誰が生きし
桑どこも解かれ毛の国祭月
昼顔の容よ己が過ぎし日よ

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号