1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

桜あかりNo.25 2018年5月発行

犬ふぐり立てば短き己が影
二ン月の終ひ日晴れて了りけり
辛夷の芽はやも生毛を光らせて
囀やまた手庇の彼方より
春霞木々染めながらさらに上に
屋根葺きもお薄の席に招ばれけり
囀の四方より声の兜太かな
引鶴の羽音のやうに兜太逝く
貝の殻持上げものの芽揃ひけり
遺書書くとすれば一言亀鳴くと
塩の道また山がかり岩燕
篝消え桜明りとなりにけり

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号