1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

夏めきてNo.26 2018年7月発行

若葉影瀬波に溢れ下りけり
艪の音と浮巣数へる客のこゑ
そうめんを啜り田植の結ひ終る
夏めきて島の大小際やかに
一枚は雀隠れの田となりぬ
竹落葉踏みて黄泉より戻りけり
振り返る音のどれもや夏の風
栗の花寺を仰ぎて塩の道
蚊燻しを炷(た)きてもらひぬ茶室まで
大西日空き壜ひとつ瀞から瀬
大方の花も祭りも終へて梅雨
青林檎梯子に楔打ちながら

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号