1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

旅づくろひNo.37 2020年5月発行

命日の二つ済みけり寒昴
雪搔きて今宵誘うてもらひけり
霞より来て巡礼のまた離(さか)る
一畝を碧く返しぬ田搔馬
午後からは少し高みへ畦塗りも
亀鳴くや灯消えたる法隆寺
初蝶と呟く限り旅心
幼らに少し遅れて孕み鹿
一尋は燕迎ふる高さにて
きのふより代田の匂ふ漣に
紅梅の語りそめけり寺縁起
雛の間に一席もらふ旅の宿
回廊にまた足音や雛祭
この先の旅づくろひや雛の間
立子忌の桃の蕾や墓の前

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2020年 1月号 3月号 5月号 7月号