1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

鵜馴らしNo.42 2021年3月発行

塵払ひ梅見の宴に一人づつ
白魚の寸の反り身や一の膳
命日は燕来る頃来りけり
手の届くもの皆蒼し実朝忌
枝川に小舟入りけり鵜馴らしに
鵜馴らしの持て成しの舟仕立てらる
御水取りの列の膨れて終りけり
恋の猫人それぞれに物語り
暮れながら信濃へ越へ帰る雁
春雷の石蓴(あをさ)の色にまた一つ
雲雀野へ祭りの列の延びにけり
まづ嗅ぎて独活の若芽を持て成しに
待つことも雛祭りの一つにて
どの縁の誰のつながり雛祭り
お招ばれの今宵酔ふべし白酒に

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2020年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2021年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号