1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

萩根分けNo.7 2015年5月発行

あの人もあの方までも寒の明け
涅槃絵の雀の羽の色にして
気散じにしても永かり伊勢参り
萩根分け大黒さんがまづ抜けて
どの寺も山茶花散らす日向あり
紅梅の澄みて濁りて終りけり
初蝶や分厚く寺のものがたり
解き物の糸屑付けて独活買ひに
杜氏帰る初午に酒奉り
初燕小筆に足りる墨磨りて
立子忌の列の流れて虚子の墓
内裏様までの夕焼け合格す

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号