1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

合歓咲きてNo.3 2014年9月発行

神輿来る日傘畳めばもう一つ
直会の終ひに加へ冷し酒
青紫蘇を刻みて互ひ物忘れ
蛇苺教へに背く色にして
滝音の振舞ひ酒の真中に
左手は団扇持つ手よ哲学者
万緑の木霊のどれも戻らずに
夏書きする日や寺々の庫裡開きて
夕顔を見にか茶殻を捨てに立つ
誰が入れし夏の焚火に智恵の輪を
青芒井伏鱒二に釣れぬ日よ
頰杖の久しかりけり合歓咲きて

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号