1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

子規の咳No.4 2014年11月発行

落鮎の反りも祝ひの一つにて
月を見に桃の滴り甲で拭き
忌の明けの誰の帯にも秋扇
小豆干す一日筵の匂ふこと
夕顔を誉めて出前の帰りけり
観閲の奏のここまで鯊の舟
すがすがと繰りて詩経の涼しかり
爽やかと言ふに眼鏡の重たきよ
月崇め山を畏れて川音も
色付きし鶏頭のこゑ子規の咳
持寄りて買足し月の酒肴
いさよひの待ちて長かりあからみて

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号