1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

囃子唄No.23 2018年1月発行

筆置くに錦木の葉を二三枚
標札を残しあらかた雪囲ひ
冷えながら月の欠けゆくけふ更に
紙漉きに嫁と呼ばるる働き手
当てなしの師走に買うてお六櫛
藁束に鳶の柏手注連作り
煮凝を取り分けくるる仲なれど
餅搗きに囃子唄あり翁より
凍星の忘るるなかれ妻亡しに
鰹節を叩く音せり年の市
これほどに何もせぬ日よ大晦日
幸ひなことに恵方や虚子の句碑

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号