1. 主宰作品 |
  2.  同人の秀吟 
  3.  航路抄 

ははきぎのNo.22 2017年11月発行

ははきぎの虚子の呟く頃合ひに
どの蜂に貰ひし色よ草の花
山に掌を合はせ箸持つ生身魂
百日の一日といへどさるすべり
萩枝垂るほどの雨でもなかりしよ
落人と呼ばれて永し曼珠沙華
海よりも山に伏しけり穂の薄
子規の忌を去年は忘れてゐたけれど
酔眼の寝しなに秋の星数へ
秋蝉に凭れかかられゐるやうに
毬栗の落ちる音さへ丹波にゐ
烏瓜提げて太宰に遭ひに行く

2014年 創刊号 7月号 9月号 11月号

2015年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2016年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2017年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2018年 1月号 3月号 5月号 7月号 9月号 11月号

2019年 1月号 3月号 5月号 7月号